情シス・IT担当者“必携” システム発注から導入までを成功させる90の鉄則

個数:

情シス・IT担当者“必携” システム発注から導入までを成功させる90の鉄則

  • ウェブストアに37冊在庫がございます。(2020年11月24日 16時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 255p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784774189253
  • NDC分類 007.61
  • Cコード C3055

内容説明

もうITベンダーに振り回されない!プロジェクトの主導権を取り戻そう。業界歴18年のITコンサルがノウハウを大公開。

目次

第1章 システムの企画提案―ITベンダー選定までのルール(ITプロジェクトを社内横断的に立ち上げる;適切な企画でプロジェクトの成功レールを敷く;自社に最適なITベンダーを見つけるためにRFPを活用する;ITベンダーは客観的かつ公正なプロセスで選ぶ;ITベンダーとの契約書でトラブルを未然に防ぐ)
第2章 プロジェクト立ち上げ―要件定義までのルール(プロジェクト計画でベンダーとの良好な関係の枠組みを作る;システム要件を俯瞰し導入効果を最大化する;自社の課題解決力で進捗を加速させる;マスターデータは自社の生死を分かつ)
第3章 ユーザー受入テスト―システム検収までのルール(システム検証の前にプロジェクト計画の仕切り直しをする;納品されたシステムを自社責任で徹底的に検証する;システム障害を主体的に管理することで致命傷を防ぐ;ITベンダーへのアプローチを工夫し品質を引き上げる)
第4章 ユーザー教育―システム本稼働までのルール(マニュアルを作成し混乱と不満を最小限に抑える;システムを実際に使うユーザーを味方につける;新システムの稼動判定会議を開催し全社的に判断する;万全な準備で本番稼動を迎える)
第5章 システム運用/保守のルール(システムの開発体制から保守体制へスムーズに引き継ぐ;システムの導入効果を最大限に引き出す)

著者等紹介

田村昇平[タムラショウヘイ]
ITプロジェクトをユーザー企業側から支援するコンサルタント。近年ではIT部門の立ち上げやIT人材育成にも力を入れている。株式会社インフィニットコンサルティング所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

本書は、IT担当者、情報システム部門に向けた、システム発注~導入のノウハウ集です。なぜシステムの発注~導入には失敗がつきまとうのでしょうか。筆者は、「失敗の原因はユーザー企業の力量不足」と喝破します。ユーザー企業は、少なからず何らかのシステム導入を経験しているものです。であれば、経験はノウハウとして蓄積されているはずです。しかし、プロジェクトは失敗してしまいます。ノウハウに体系的なまとまりがないからです。本書には、ITコンサルタントという立場だからこそ知りえた筆者のノウハウが詰まっています。