生物ミステリーPRO<br> 古第三紀・新第三紀・第四紀の生物〈下巻〉

個数:

生物ミステリーPRO
古第三紀・新第三紀・第四紀の生物〈下巻〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年08月05日 13時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 173p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784774182537
  • NDC分類 457.37
  • Cコード C3045

出版社内容情報

古生物シリーズ第10弾は、『古第三紀・新第三紀・第四紀の生物 下巻』。長きにわたり世界に君臨した恐竜、海棲哺乳類がついに地球の表舞台から消え去り、哺乳類と鳥類への世界へと移った新生代。下巻では、主に新第三紀と第四紀にスポットライトを当てます。現在につながる最後の時代を懸命に生きた生物たちの足跡にぜひご注目あれ。

目次

第2部 新第三紀(“ほぼ完成”した大陸配置;哺乳類!!哺乳類!!哺乳類!!!;孤高の大陸の哺乳類)
第3部 第四紀(そして「氷の時代」へ;“タール”に封じられた動物たち;最後の巨獣たち;続・孤高の大陸の哺乳類)

著者等紹介

土屋健[ツチヤケン]
オフィスジオパレオント代表。サイエンスライター。埼玉県生まれ。金沢大学大学院自然科学研究科で修号士を取得(専門は地質学、古生物学)。その後、科学雑誌『Newton』の記者編集者、サブデスク(部長代理)を経て2012年に独立し、現職。フリーランスとして、日本地質学会の一般向け広報誌『ジオルジュ』のデスク兼ライターを務めるほか、雑誌などの寄稿も多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。