栗本慎一郎の全世界史―経済人類学が導いた生命論としての歴史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784774156392
  • NDC分類 204
  • Cコード C0033

内容説明

著者が「最後の一冊」として世に問う、経済人類学がとらえた真実の世界史。日本史も、世界史も、すべてが一つの「歴史」…ゲルマン人、中国人が恐れ、隠してきた「ユーラシア」にこそ躍動する歴史の源泉があった。

目次

第1章 世界の中の日本史
第2章 文化と文明、王国と帝国、民族と人種
第3章 人類文化の起源地・ユーラシア
第4章 世界帝国アスカ
第5章 異端と正統の誕生―西ヨーロッパ社会の基礎
第6章 ヨーロッパの本格的成立
第7章 ヨーロッパと日本だけの共通項
第8章 ヨーロッパを動かしたアジア
第9章 アジアの中の日本と中国

著者等紹介

栗本慎一郎[クリモトシンイチロウ]
1941年、東京生まれ。慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了。天理大学専任講師、奈良県立短期大学助教授、米ノースウエスタン大学客員教授、明治大学法学部教授を経て衆議院議員を二期務める。1999年、脳梗塞に倒れるも復帰し、東京農業大学教授を経て、有明教育芸術短期大学学長。神道国際学会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

seichan

5
西洋中心史観や中華史観では語られない、遊牧民・騎馬民族による帝国とそれが歴史に与えた影響を中心に、ざざざっと世界の通史を語った本。文明の起源から書いてる……ってトンデモに聞こえる?そうではないと思うよ。しかしこの人の問題意識は80年代から(つーか生まれた時から?)ブレてない。人格的になんなんだよ~ってとこもあるけど、ある面での切実さと誠実さは強烈に好き。この本以後、横浜都市文化ラボのサイトで講演録(300p以上)が無料PDF配布されてるから、好きな人はぜひ読んだらいいと思う。2015/12/30

父さん坊や

2
→ 内部に存する二重性が敵対するも協調するもとにかく運動の基本的な原動力になると言う点で、ある程度の説得力を持った。この二重性を内在していたヨーロッパ社会と日本社会に内発的な発展のエンジンを認めるといったくだりは、もっと経済人類学を読んでみる気を起こさせるに十分であった。2017/12/31

父さん坊や

2
大晦日の午後、ほぼ家事を片付けて、嫁もお出かけでチャンスとばかり、読書に勤しむ。やはり年末年始となると歴史物を読みたくなる。前から少し気になっていた、栗本慎一郎の全世界史、家を片付けていたら偶然発見!早速再読。もりもり、結局、最初から最後まで一気読み!面白かった!ただし、彼の直感に頼った歴史観には簡単に染まらないように一つの興味深い意見として拝読。一つ、はっきりと参考になったと言えるのは→2017/12/31

bass

1
マイケル・ポランニーの暗黙知を栗本なりに実践することで歴史を捉え返していることはよく分かった。そして十分興味深い。だからこそ、読者が「へぇ、そうなんだぁ」を超えるには、読者自身の行動が必要。詳しくは、http://ameblo.jp/a-fool-studies-english/entry-12022412327.html2015/05/03

不純文學交遊録

1
私が最も影響を受けた書き手、栗本慎一郎の最後(?)の著作。西欧諸国および中華帝国を中心に語られる学校教育の歴史に対し、世界史の原動力となったのはキメク汗国やカザール帝国といったユーラシアの強大な遊牧国家だったと主張する。西欧中心史観を相対化するのに有効だが、一般には知られていない国ばかりで、誰でも気軽に読める本ではない。平地稲作民と山地焼畑民による日本の二重構造や、蘇我氏がミトラ教をもたらしたという説は、魅力的である一方、伝奇小説のネタのような怪しさもある。それだけ日本の古代史は謎が多いということか。2015/05/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6597466

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。