• ポイントキャンペーン

tanQブックス
日本人とナノエレクトロニクス―世界をリードする半導体技術のすべて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784774140384
  • NDC分類 549
  • Cコード C3055

内容説明

フラッシュメモリ、DVDからデータを読み取るピックアップレーザ、現在一般的になっているこれら電気製品はすべてナノテクノロジーの賜物だ。急激なスピードで「小さく、速く」が進行する電子部品分野で、重要な発見をしているのが日本人であることをご存知だろうか?本書ではここ30年ほどのナノエレクトロニクス分野の進展と、そこで日本人研究者が果たした重要な役割を見ていく。

目次

第1章 集積回路の時代
第2章 電子を閉じ込める―量子細線・量子ドットと榊裕之
第3章 速さを求めて―HEMTと三村高志
第4章 美しい光を―面発光レザーと伊賀健一
第5章 消えにくく消しやすく―フラッシュメモリと舛岡富士雄
第6章 かすかな磁場を捉える―スピントロニクスと前川禎通
第7章 これからのナノエレクトロニクス

著者等紹介

吉田伸夫[ヨシダノブオ]
1956年生まれ。東京大学理学部物理学科卒業。同大学院博士課程修了。理学博士。専攻は素粒子論(量子色力学)。東海大学、明海大学で非常勤講師をつとめながら、科学哲学や科学史をはじめ幅ひろい分野で研究を行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。