visual philosophy note<br> ぼくらはヴィジュアルで思考する―シームレス・メディアの時代とvideo art(見ることの技術/芸術)

個数:
  • ポイントキャンペーン

visual philosophy note
ぼくらはヴィジュアルで思考する―シームレス・メディアの時代とvideo art(見ることの技術/芸術)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年12月19日 10時33分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 138p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784773813104
  • NDC分類 778.04
  • Cコード C0074

内容説明

visual philosophyの出発を高らかに告げる宣言にして、写真、映画、テレビ、インターネットなど、あらゆるメディアとジャンルを突き抜けるヴィデオ/電子映像の奔流を解読するための航海図。

目次

1章 visual philosophyの先端 acutuality いまの時代において“見ること”とは?(オール・ピスト東京2011レポート;シンポジウム「映像の強さと無力さ」 ほか)
2章 visual philosophyの力学 relationship “見ること”ד考えること”の一断面(visual philosophy map;visual philosophy mapを読み解くキーワード ほか)
3章 Visual Philosophyの流域 estimation “見ること”の系譜と地政学(インタビュー 松本俊夫―ジャンルを越境するアヴァンギャルド映像の思想;visual philosophyの実践者たち)
4章 Visual Philosophyの射程 perspective “見ること”をめぐる表現者と分析者の対話(他なる時間軸と交換可能な絶対性―visual philosophyの方法論について)