「天才脳」は12歳までに育つ―右脳教育で“知の器”は無限大に!

個数:

「天才脳」は12歳までに育つ―右脳教育で“知の器”は無限大に!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月24日 21時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 210p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784772662352
  • NDC分類 379.9
  • Cコード C0037

出版社内容情報

「天才」とよばれる人に共通するのは、右脳が著しく発達している点。
右脳の処理速度は左脳の数十万倍といわれますが、なかなか自然に育つものではありません。
本書は沖縄県で35年間にわたって右脳教育を実践し、多くの難関校合格者を輩出した塾の経営者兼講師が、乳幼児期から取り組める右脳開発メソッドを公開します。

<もくじ>
第1章 「AI時代の子育て」はどうなる?
第2章 「天才脳」のスイッチは右脳にある
第3章 12 歳までに親ができるバックアップ
第4章 子どもをほめるツールをたくさん持っておこう
第5章 めきめき伸びる、天才脳に育つあそびと勉強法

内容説明

「天才」とよばれる人に共通するのは、右脳が著しく発達している点。右脳の処理速度は左脳の数十万倍といわれますが、なかなか自然に育つものではありません。本書では、沖縄県で35年間にわたって右脳教育を実践し、多くの難関大学合格者を輩出した塾の経営者兼講師が、乳幼児期から取り組める右脳開発メソッドを公開します。

目次

第1章 「AI時代の子育て」はどうなる?(親の子ども時代と、今の時代はまったく別もの;将来、AIに仕事を奪われるというのは本当? ほか)
第2章 「天才脳」のスイッチは右脳にある(驚き!右脳のすごい底力;子どもは親の“波動”を敏感に感じ取っている ほか)
第3章 12歳までに親ができるバックアップ(豊かな発想力は“いい情報”を与えることで育つ;イライラ、ニコニコの脳内ホルモンを意識する ほか)
第4章 子どもをほめるツールをたくさん持っておこう(お手伝いは幸せホルモンの宝庫;どうしたら子どもをせかさずに済む? ほか)
第5章 めきめき伸びる、天才脳に育つあそびと勉強法(乳幼児期(0~3歳)
幼児期(4~6歳) ほか)

著者等紹介

喜納康光[キナヤスミツ]
有限会社スキップヒューマンワーク代表取締役。1962年沖縄県北中城村生まれ。沖縄で四谷大塚や、東進などの教室を開校し、東大・早慶大等に進学させる一貫教育の塾を35年間経営。現在は胎教から大学受験、さらに社会人も含めた生涯教育をモットーに、以下の事業を展開する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kanamiiiiin

0
具体的な遊び方が載ってて参考になる2024/01/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21384362
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。