動物実験の闇―その裏側で起こっている不都合な真実

個数:

動物実験の闇―その裏側で起こっている不都合な真実

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月09日 11時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 247p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784772613323
  • NDC分類 480.72
  • Cコード C0036

内容説明

長年研究者として動物実験に携わった著者が、自ら行なってきた動物実験業務の過去を振り返る。決して外部に明かされることのない動物実験の実態を、内部関係者の目線から包み隠さず描き出す衝撃の話題作。

目次

動物実験者になるまでの話
下垂摘ラット―その体重を測り殺す仕事
LD50―半数致死量を調べるという蛮行
被曝ラット―危険と隣り合わせの任務
腫脹ラット―強制投与と奇妙な装置
潰瘍ラット―体内から腐敗させるおぞましい実験
潰瘍犬―絶食状態で死を待つだけの運命
新しい生活を始めたひどい動物愛好家
再就職―そして新たな迷宮へ
苦痛の行進―「マウシュビッツ」と動物の各種処刑法
コレラ中毒ラット―糞尿まみれになりながら得られるものとは
宙を舞う猿たち―そこにいるものすべてを狂わせる環境
鉄に冒される猿たち―朦朧と覚醒を繰り返し、解剖される
鉄に冒される犬たち―芝生の上を歩くことなく死んでいく愛嬌者
泥を盛られる猿たち―研究者に感情はいらない
そして転身へ

著者等紹介

スラッシャー,マイケル・A.[スラッシャー,マイケルA.] [Slusher,Michael A.]
生物学研究員として長年勤務した後、より自身の倫理観・道徳観に適合する仕事を模索する。研究員引退後も動物への関心を持ち続け、人類学の学位を取得。専攻は動物考古学(人間の考古遺跡で発見される動物遺骨の研究)

井上太一[イノウエタイチ]
翻訳家。日本の動植物倫理・環境倫理を前進させるべく、関連する海外文献の紹介に従事。語学力を活かして国内外の動物擁護団体との連携活動も行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yasuko

1
動物実験がどのように行われているのか初めて知った。前臨床試験を通過した実験のうちの96%が臨床試験を通過出来ないらしい。それは種差の問題もあるようだ。ならば行われる動物実験のほとんどが無益な命の浪費になってしまうのは自明の理だ。どうにかならないものか。2021/04/13

あめ☔︎

0
これはすごい本です。動物実験は関係者以外には閉ざされた分野だからこそ本を通じて酷さを認識することができた。文章で読むより実際に見たほうが何倍も辛いんだろうなとは思う。 何より、1番驚いたのは動物実験はほぼ意味がないということ。実験をしても論文に使われるのはとてもわずかで失敗(何を「失敗」とするのか定かでないけど)のパーセンテージは95%らしい。 後半では倫理観や菜食についてまとまっていた。 勇気を出して暴露してくれたことに感謝したいし、動物実験についてまだ明かされていないことが多いから他の本も読んでみたい2021/06/19

ぴのこ

0
何を伝えたいのかが、全く分からず、途中で読むのをやめました。2018/01/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12433325

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。