マンガ版劣化ウラン弾―人体・環境を破壊する核兵器!

個数:

マンガ版劣化ウラン弾―人体・環境を破壊する核兵器!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月24日 15時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 77p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784772603218
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C0036

目次

第1章 何が起きているの?
第2章 ウラン微粒子の2つの脅威
第3章 劣化ウラン弾ってどんなもの?
第4章 劣化ウラン弾を使う兵器
第5章 劣化ウランってなに?
第6章 ウランのおそろしい物語
第7章 核兵器と原発のあやしい関係
第8章 劣化ウラン弾と戦争
第9章 ふえつづけるヒバクシャ
第10章 アメリカの世界戦略と本音
第11章 劣化ウラン弾をなくすために

著者等紹介

白六郎[ハクロクロウ]
漫画家、イラストレーター。永井豪氏率いるダイナミック・プロで教えを受ける。独立後、マンガ、イラスト、エッセーなどを手掛ける

藤田祐幸[フジタユウコウ]
慶応大学物理学教室。エントロピー論、科学哲学専攻。日本物理学会、エントロピー学会所属。物理学者の立場から、放射能が人体と環境に及ぼす影響を訴え続けている。原子力発電や被曝労働の実態調査、チェルノブイリ周辺の汚染地域の調査(1990~93年)、旧ユーゴスラビアのセルビア、コソボ、ボスニア地域で劣化ウラン弾の調査(1999年、2000年)を行う。2003年5月末からバクダッドとバスラに入り、劣化ウラン弾による被害状況と環境汚染を現地調査、放射能測定などを行った。「イラク支援法案」を審議中の衆議院特別委員会で、参考人意見陳述を行い、「小児がんセンター」の設置など、医療水準の改善に寄与することを強く訴えている

山崎久隆[ヤマザキヒサタカ]
1959年生まれ。劣化ウラン研究会代表、たんぽぽ舎運営委員、TUP‐Bulletinメンバー。湾岸戦争時に劣化ウラン弾が使用されたことで「新たな環境犯罪、戦争犯罪が始まった」と、劣化ウラン弾が及ぼす環境や人体への悪影響についての調査・研究を開始。論文執筆、啓蒙パンフレットの刊行、研究会報告、講演会などを精力的な活動を繰り広げている

豊田直巳[トヨダナオミ]
1956年生まれ。フォト・ジャーナリスト。日本ビジュアルジャーナリスト協会(JVJA)会員。1983年よりパレスチナ問題の取材を始める。92年より中東のほか、アジアや旧ユーゴスラビア、アフリカなどの紛争地を巡り、そこに暮らす人々の日常を取材。主に新聞、雑誌、テレビにて作品を発表。2003年、イラク戦争の直前からイラクに入国し、イラク戦争を取材し続けてきたフォトジャーナリスト。イラク、パレスチナ、難民をテーマにした写真展が全国を巡回中
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。