共に生きるための人間関係学―「自立」と「つながり」のあり方

個数:

共に生きるための人間関係学―「自立」と「つながり」のあり方

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年06月05日 00時21分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • サイズ A5判/ページ数 219p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784772417525
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C3011

内容説明

「人は一人では生きていない」本書は、生きるために必要な本来の人間関係力を回復させることを目指す。第1部では、多様な場面で、本質的理解を志向しつつ、現実には社会のあり方に規定されているという事実性のなかで、人間としての喜怒哀楽を経験しつつ、成熟していくことに焦点を置き、教育・心理、介護・医療、そして企業といったフィールドで具体的な人間関係の実相に焦点を当てる。領域こそ異なるものの、そこで展開されている人間関係は、他者への関心、他者と向き合う、他者性への働きかけ、関係性を生きる、対話による共同主観化等、共通するキーワードに依拠している。第2部では、人間関係学の思想的背景を論じる。第1部で展開されている多様な場面における人間関係について、その背後にある人間関係理論を理解されたい読者への道標となっている。

目次

第1部 関係性を生きる(教育・心理;介護・医療;企業)
第2部 人間関係学の思想的背景(基本的立場;人間関係学の諸問題;人間関係と人間存在との現実;有限な私たちと生きることの探求)

著者等紹介

畠中宗一[ハタナカムネカズ]
1951年鹿児島市生まれ。現在、関西福祉科学大学教授・大学院社会福祉学研究科長。大阪市立大学名誉教授。博士(学術)。専門:家族臨床福祉学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。