続・仏教精神分析―フロイトの心、親鸞の心

個数:

続・仏教精神分析―フロイトの心、親鸞の心

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2018年11月19日 13時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 288p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784772416528
  • NDC分類 146.1
  • Cコード C3011

内容説明

「親鸞の心と精神分析の関係」―人生そのものの解決としての阿闍世コンプレックスからの解脱・解放とは?日本的霊性、コンパッション、治療における直観とは?仏教と精神分析の通底するさまざまな題目が語られる。

目次

1 らしくなる 一如実相
2 懴悔 阿闍世コンプレックスよりの解放 知恩報徳
3 純粋感情 無作為の作
4 人それぞれ 特殊の機 女性らしさ
5 自然の道理 自ずからなる 中動態
6 感応療法 円融無碍
7 近代の精神療法
8 歓喜 拝む心 永遠と現在
9 宗教の時間「精神分析と仏教」
解題 阿闍世コンプレックスの母親像―その仏教的背景について
解説1 古澤平作‐永尾雄二郎‐金子大榮―精神分析と仏教をめぐって
解説2 日本の精神分析と仏教―一つの関係付け

出版社内容情報

前著『仏教精神分析―古澤平作先生を語る』(2016)に続き、本書においても、古澤の高弟であった永尾によって、近代の精神療法と仏教との関連(特に親鸞の心、フロイトの心、念仏、内観など)について多くのテーマが語られることで“古澤平作“の素顔が明らかにされる。
驚くべきことに古澤平作は晩年、自由連想とともに念仏を称えるようにと説いていた。そして、人間の計らいを一切なくし、無作為に「ありのまま」をいただく姿勢にこそ治療としての重きを置いていた。
人生そのものの解決としての「阿闍世コンプレックス」の克服、臨床場面における直感・直観やコンパッション、スピリチュアリティ(日本的霊性)、外と内の中間相で自然に物事が成立する中動態の世界、といった近代精神療法にも通じる概念などが、仏教に通底する多くの知見にもとづいて論及される。
またNHKラジオ『宗教の時間』において「精神分析と仏教」のテーマで放送された永尾の対談を掲載し、さらに宗教学・哲学の分野から岩田文昭による解説も収録した。

永尾 雄二郎[ナガオ ユウジロウ]
著・文・その他

クリストファー・ハーディング[クリストファーハーディング]
著・文・その他

生田 孝[イクタ タカシ]
著・文・その他