ロールシャッハ・テスト講義〈2〉解釈篇

個数:

ロールシャッハ・テスト講義〈2〉解釈篇

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2018年04月22日 09時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 313p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784772414982
  • NDC分類 140.7
  • Cコード C3011

内容説明

ジョン・エクスナーによる2つのケースをサンプルに、テストデータのコーディング結果を8つのクラスターで解釈するためのヒントをわかりやすく解説。「統制とストレス耐性」「状況関連ストレス」「感情」「情報処理過程」「認知的媒介」「思考」「自己知覚」「対人知覚と対人行動」という8つのクラスターで細やかにデータを精査し、受検者の基盤となるパーソナリティや現在の心理状態を鮮やかに浮かび上がらせ、その回復に役立つ戦略プランの策定方法を学んでいく。クラスター解釈の手順をクイックチェックできる「巻末付録」など、実務に役立つうれしい特典も満載。誰もが知りたかった専門スキルを惜しみなく語った、包括システムによるロールシャッハ・テストのための基礎講座、『ロールシャッハ・テスト講義1―基礎篇』に続く第2弾「解釈篇」。

目次

ロールシャッハ・テストを施行する
基礎篇から解釈篇へ
解釈のための戦略
コントロール(統制)のレベルを測る
ストレスの実態を見抜く
自己知覚=自己イメージを点検する
対人関係の質を測定する
感情の舵取りを解釈する
認知=考え方をクリアにとらえる
解釈をまとめあげる
解釈の技術を高める応用レッスン
2つのケースと解釈の妙技
トライアル15
解釈のための参考資料

著者等紹介

中村紀子[ナカムラノリコ]
上智大学大学院博士後期課程満期退学。臨床心理学専攻、臨床心理士。中村心理療法研究室、エクスナー・ジャパン・アソシエイツ代表。包括システムによる日本ロールシャッハ学会顧問、国際ロールシャッハ学会会長、Rorshcahch Research Foundation(Rorschach Workshops) Certified Instructor(1992年~)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

『ロールシャッハ・テスト講義?』に次ぐ第2弾。クラスター解釈によってデータを精査して,受検者の回復に役立つアセスメントスキル包括システムによるロールシャッハ・テストのための基礎講座、『ロールシャッハ・テスト講義?――基礎篇』に続く第2弾「解釈篇」。
ジョン・エクスナーによる2つのケースをサンプルに,テストデータのコーディング結果を8つのクラスターで解釈するためのヒントをわかりやすく詳解。講義形式のやさしい語り口で,「統制とストレス耐性」「状況関連ストレス」「感情」「情報処理過程」「認知的媒介」「思考」「自己知覚」「対人知覚と対人行動」という8つのクラスターで細やかにデータを精査して,受検者の基盤となるパーソナリティや現在の心理状態を鮮やかに浮かび上がらせ,その回復に役立つ戦略プランの策定方法までを学んでいく。
間違いやすいコーディングや解釈を成功させるヒントをまとめた「コラム」や,クラスター解釈の手順をクイックチェックできる「巻末付録」など,実務に役立つうれしい特典も満載。ベテランだけが知るテクニックを惜しみなく語った,エクスナーによる『ロールシャッハ・テスト―包括システムの基礎と解釈の原理』(金剛出版)の理解を助ける決定版サブテキスト。

講義1 ロールシャッハ・テストを施行する
講義2 基礎篇から解釈篇へ
講義3 ジョン・エクスナーの2つの事例
講義4 コントロール(統制)のレベルを測る
講義5 ストレスの実態を見抜く
講義6 自己知覚=自己イメージを点検する
講義7 対人関係の質を測定する
講義8 感情の舵取りを解釈する
講義9 認知=考え方をクリアにとらえる
講義10 解釈をまとめあげる
巻末付録1 トライアル15
巻末付録2 解釈のための参考資料

中村紀子[ナカムラノリコ]
中村心理療法研究室/国際ロールシャッハ学会会長