パニック症と不安症への精神力動的心理療法

個数:

パニック症と不安症への精神力動的心理療法

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 276p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784772414319
  • NDC分類 493.74
  • Cコード C3011

内容説明

本書で紹介するパニック焦点型力動的心理療法(PFPP)は、不安症に対する単一の治療法としての有効性が実証された、精神分析的基礎をもつ初めての心理療法である。PFPPは精神分析的概念を採用し、その実践に活用してはいるが、専門化した精神分析療法とは一線を画している。つまり、PFPPは精神分析的な訓練を受けなくても、より簡便なトレーニングを受けることによって実戦可能になるということである。本書ではパニック焦点型力動的心理療法の重要性から、治療法、さらにはこの治療法が適用可能な領域まで論旨を拡げていく。

目次

1 理論的背景(基本的な精神力動的概念;精神力動的フォーミュレーション;パニック症と不安症の病因における発達の役割)
2 治療(パニック焦点型精神力動的心理療法―応用領域の枠組み;パニック症と不安症に適用する精神力動的心理療法のいくつかの技法;初期評価と初期セッション;パニック症と不安症に共通する精神力動的葛藤;パニック症と不安症における防衛機能;徹底操作と終結)
3 応用領域(広場恐怖症およびその他の恐怖症への精神力動的アプローチ;社交不安症への精神力動的アプローチ;全般性不安症への精神力動的アプローチ;心的外傷後ストレス障害への精神力動的アプローチ;不安に関連したパーソナリティ障害への精神力動的アプローチ;パニック焦点型精神力動的心理療法―応用領域の実施においてよく起こる問題;臨床素材 パート2―精神力動的フォーミュレーションと治療効果)

著者等紹介

ブッシュ,フレデリック・N.[ブッシュ,フレデリックN.] [Busch,Fredric N.]
医学博士。Weill Cornel Medical Collegeの精神医学准教授、およびColumbia University Center for Psychoanalytic Training and Researchの教職員を務めている

ミルロッド,バーバラ・L.[ミルロッド,バーバラL.] [Milrod,Barbara L.]
医学博士。Weill Cornel Medical Collegeの精神医学教授、そしてニューヨーク精神分析インスティテュートおよびColumbia University Center for Psychoanalytic Training and Researchの教職員を務めている。米国国立精神保健研究所(NIMH)および財団によって資金援助された臨床調査研究の研究責任者を多数務め、広場恐怖を伴うまたは伴わないパニック症に関して、精神疾患の分類と診断の手引き第4版(DSM‐IV)において初めてマニュアル化された精神分析的心理療法の開発、検証、そして効果の実証を手がけた

シンガー,メリアン・B.[シンガー,メリアンB.] [Singer,Meriamne B.]
医学博士。Columbia College of Physicians and Surgeonsの精神医学臨床学准教授、Weill Cornell Medical Collegeの研究員、およびColumbia University Center for Psychoanalytic Training and Researchの教職員を務めている

アロンソン,アンドリュー・C.[アロンソン,アンドリューC.] [Aronson,Andrew C.]
医学博士。Mount Sinai School of Medicineの精神医学准教授、Ambulatory Psychiatry Services at Mount Sinai Medical Centerの医師、Weill Cornell Medical Collegeの精神医学非常勤研究員を務め、そしてニューヨーク精神分析インスティテュートのメンバーでありthe Mount Sinai Department ofPsychiatryで上級リエゾン役割を務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。