セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる

個数:

セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 293p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784772413961
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C3011

内容説明

本書はセルフ・コンパッションの実証的研究の先駆者である著者が、自身の体験を交えながらいままでの学術研究の知見をわかりやすくまとめた本である。主要な部分にはエクササイズを含み、セルフ・コンパッションの活用方法を余すところなく紹介する。

目次

第1部 セルフ・コンパッションに至る道(セルフ・コンパッションの発見;狂気の終結)
第2部 セルフ・コンパッションの主要な構成要素(自分に優しくすること;私たちは世界を共有している;ありのままの世界に対してマインドフルになる)
第3部 セルフ・コンパッションがもたらす恩恵(感情の回復力;自尊心ゲームからの脱却;やる気と個人の成長)
第4部 人間関係におけるセルフ・コンパッション(他者に対する慈悲の心;セルフ・コンパッションを育児に活かす;愛とセックス)
第5部 セルフ・コンパッションによる深い喜び(変化の兆し;自分に感謝するということ:セルフ・アプリシエーション)

著者等紹介

石村郁夫[イシムライクオ]
2009年、筑波大学大学院人間総合科学研究科ヒューマン・ケア科学専攻発達臨床心理学分野の博士課程を修了し、博士(心理学)を取得。同年、東京成徳大学応用心理学部臨床心理学科および東京成徳大学大学院心理学研究科助教に着任し、2013年より同准教授。臨床心理士。あいクリニック神田非常勤心理士。2007年に第3回アジア健康心理学会議Outstanding Presentation Award受賞、2009年に筑波大学人間総合科学研究科長賞、2010年に日本心理学会優秀論文賞、2011年に世界心理療法会議ベストポスター賞受賞、2012年、2013年、2014年に日本ヒューマン・ケア心理学会優秀発表賞を受賞

樫村正美[カシムラマサミ]
2008年、筑波大学大学院人間総合科学研究科ヒューマン・ケア科学専攻臨床心理学分野博士課程を単位取得満期中退。博士(心理学)、臨床心理士。筑波大学人間系心理学域助教、同大医学医療系災害精神支援学講座助教を経て、2013年より日本医科大学医療心理学教室講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

本書はセルフ・コンパッションの実証的研究の先駆者である著者が、自身の体験を交えて学術研究の知見をわかりやすくまとめた本である。

本書はセルフ・コンパッションの実証的研究の先駆者である著者が、自身の体験を交えながらいままでの学術研究の知見をわかりやすくまとめた本である。主要な部分にはエクササイズを含むという工夫が満載。
セルフ・コンパッションの概念から、著者がそこへと至る過程、セルフ・コンパッションの構成要素、セルフ・コンパッションと自尊心の違い、セルフ・コンパッションの活用方法を紹介する。

謝辞
訳者まえがき
第1部 セルフ・コンパッションに至る道
 第1章 セルフ・コンパッションの発見
 第2章 狂気の終結
第2部 セルフ・コンパッションの主要な構成要素
 第3章 自分に優しくすること
 第4章 私たちは世界を共有している
 第5章 ありのままの世界に対してマインドフルになる
第3部 セルフ・コンパッションがもたらす恩恵
 第6章 感情の回復力
 第7章 自尊心ゲームからの脱却
 第8章 やる気と個人の成長
第4部 人間関係におけるセルフ・コンパッション
 第9章 他者に対する慈悲の心
 第10章 セルフ・コンパッションを育児に活かす
 第11章 愛とセックス
第5部 セルフ・コンパションによる深い喜び
 第12章 変化の兆し
 第13章 自分に感謝するということ:セルフ・アプリシエーション
付記
訳者あとがき

【著者紹介】
●訳者略歴
石村郁夫(いしむら・いくお)
2009年、筑波大学大学院人間総合科学研究科ヒューマン・ケア科学専攻発達臨床心理学分野博士課程を修了。同年、東京成徳大学応用心理学部臨床心理学科および東京成徳大学大学院心理学研究科助教に着任し、2013年より同准教授。臨床心理士。あいクリニック神田非常勤心理士。2008年に第3回アジア健康心理学会議Outstanding Presentation Award受賞、2009年に筑波大学人間総合科学研究科長賞、2010年に日本心理学会優秀論文賞、2011年に世界心理療法会議ベストポスター賞受賞、2012年と2013年に日本ヒューマン・ケア心理学会優秀発表賞を受賞する。
著書:『カウンセリングのすべてがわかる―カウンセラーが答える本当の心理学』(技術評論社、共編著、2010)、『フロー体験の促進要因と肯定的機能に関する心理学的研究』(風間書房、2014)

樫村正美(かしむら・まさみ)
2008年、筑波大学大学院人間総合科学研究科ヒューマン・ケア科学専攻臨床心理学分野博士課程を単位取得満期中退。博士(心理学)、臨床心理士。筑波大学人間系心理学域助教、同大医学医療系災害精神支援学講座助教を経て、2013年より日本医科大学医療心理学教室講師。
著書:『こころを癒すノート―トラウマの認知処理療法自習帳』(創元社、共著、2012)。