日本人の相対的環境観―「好まれない空間」の歴史地理学

個数:

日本人の相対的環境観―「好まれない空間」の歴史地理学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月28日 09時21分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 206p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784772260039
  • NDC分類 291.018
  • Cコード C3025

内容説明

本研究は、人間のもつ価値観や行動が同質的、すなわち一様としては捉えにくい性質をもつことを地理学の立場から明らかにしようと試みたものである。そのために、人々から「嫌われ」たり「好まれない」との評価を受けた空間を研究対象とし、そのような主観的な評価を受けた具体的場と評価主体である人間との関係を考察した。これは「好まれない空間」を通じての、人々の主観的判断に対する地理学的追究ということができよう。

目次

研究目的および方法
相対的環境の概念と「好まれない空間」
罪に関連した空間―行刑施設に対する認識像の相対性を事例として
凶兆に関連した空間(家相書において凶相とされる方角の相対性を事例として;寸法を尺度とした吉凶判断の欠如とその相対性を事例として)
邪霊に関連した空間―民俗行事にみるムラ境の相対性を事例として
危険性に関連した空間―海水浴場における岩場と波の価値をめぐる相対性を事例として
不快感に関連した空間―熱気浴にみる衛生観の相対性を事例として
他界に関連した空間―忌言葉にみる他界像の相対性を事例として
結論

著者等紹介

小口千明[オグチチアキ]
1953年山梨県に生まれる。1984年筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科単位取得退学。現在、筑波大学歴史・人類学系助教授。文学博士
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。