比較変動地形論―プレート境界域の地形と第四紀地殻変動

個数:

比較変動地形論―プレート境界域の地形と第四紀地殻変動

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B5判/ページ数 203p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784772260008
  • NDC分類 455.8
  • Cコード C3044

目次

序章 比較変動地形研究の意義
第1章 ケニアリフト北部、サンブル丘陵・スグタ谷の変動地形
第2章 アイスランド、シンクヴェトリル地溝の断層地形
第3章 スマトラ北部、トバ湖周辺の変動地形
第4章 近江盆地と琵琶湖湖底の地殻変動
第5章 丹波地域の段丘編年と地殻変動
第6章 三峠活断層系の変位地形と断層運動
第7章 台湾の変動地形と地殻変動

著者等紹介

植村善博[ウエムラヨシヒロ]
1946年京都市生まれ。1971年立命館大学大学院修士課程修了、自然地理学専攻。京都府立峰山、田辺、鴨沂、朱雀の各高等学校教諭を経て1993年より仏教大学に勤務。現在、文学部史学科教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。