制作行為と認識の限界―行為としての自然科学

個数:

制作行為と認識の限界―行為としての自然科学

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 256p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784772005050
  • NDC分類 401
  • Cコード C0010

内容説明

自然科学認識の限界を探る。

目次

1 自然認識は自然対象か―構成主義プログラムの提示(自然認識を自然認識の対象として発見する;自然科学を文化主義的に理解する;自然認識の限界 ほか)
2 諸科学の自然認識(形態と大きさ―幾何学はなにについての科学か;世界についての知識―現代物理学の綜合的アプリオリとしての行為目的;文化的行為としての化学―文化史から見た化学の自己理解にむけて ほか)
3 構成と経験―道具的自然認識の方法について(観察と行為;操作主義と経験性;自然科学における技術と技術における自然科学 ほか)

著者等紹介

ヤニッヒ,ペーター[ヤニッヒ,ペーター][Janich,Peter]
1942年生まれ。コンスタンツ大学を経て、1980年よりマールブルク大学教授。エアランゲン学派を代表する一人

河本英夫[カワモトヒデオ]
1953年生まれ。1982年東京大学大学院理学系研究科科学史科学基礎論専門課程博士課程終了。現在、東洋大学教授

直江清隆[ナオエキヨタカ]
1960年生まれ。1991年東京大学大学院理学系研究科科学史科学基礎論専門課程博士課程単位取得退学。現在、山形大学助教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。