「男らしさ」のイデオロギーへの挑戦―ジェンダーの視点からメルヴィルを読む

個数:
電子版価格 ¥3,300
  • 電書あり

「男らしさ」のイデオロギーへの挑戦―ジェンダーの視点からメルヴィルを読む

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月26日 04時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 175p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784771035614
  • NDC分類 930.28
  • Cコード C3095

出版社内容情報

ミドルクラスの白人で異性愛の男という地位への抗い。男らしさの諸相を描き続け、男らしさを覇権的な理念に固定させまいとした作家への新照射。
オルタナティブなものが存立する可能性に目を向けようとはせずに特定の規範を押し付けてくる社会への抵抗の書。

内容説明

文学の側から男らしさを問う。オルタナティブなものが存立する可能性に目を向けようとはせずに特定の規範を押し付けてくる社会への抵抗の書。ミドルクラスの白人で異性愛の男という地位への抗い。男らしさの諸相を描き続け、男らしさを覇権的な理念に固定させまいとした作家への新照射。

目次

序章
第1章 トンモとは何者か―『タイピー』における男の主体
第2章 身体の傷と男の主体―『ホワイト・ジャケット』における男らしさ
第3章 畏怖される男―『白鯨』におけるエイハブの主体
第4章 クィークェグの不定形の男性像―『白鯨』における男らしさのオルタナティブ
第5章 ピエール・グレンディニングの性―『ピエール』における曖昧なもの
第6章 ケアが揺るがす男らしさ―「ベニト・セレノ」における男のケア
第7章 「平和の使者」と彼を取り巻く男たち―『水夫ビリー・バッド』における男らしさの混乱
終章

著者等紹介

〓橋愛[タカハシアイ]
宮城県生まれ。広島大学大学院総合科学研究科博士後期課程修了、博士(学術)。現在、岩手大学人文社会科学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

トム

0
とっても勉強になった!2022/04/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19288628

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。