パンク社会学―ここでしか言えない社会問題の即興解決法

個数:

パンク社会学―ここでしか言えない社会問題の即興解決法

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月27日 06時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 188p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784771034389
  • NDC分類 304
  • Cコード C1036

内容説明

ステージ4の下咽頭がん、長期のアルコール依存症からカムバックし、教壇にたちつづける著者が、独自の切り口で、未解決の社会問題への解決策を提唱。COVID‐19、オリンピック、AIから安全保障まで、縦横無尽に語りつくす。

目次

1 逆行するメディア論―発信する意味
2 パンクな思考実験の果てに―問題解決のヒントが!(サブカルとしての政治;AI(人工知能)の最適なトリセツ
重層化する安保の世界観
続・重層化する安保の世界観
新・重層化する安保の世界観
日本と地球の踏ん張り方
なんのためのスポーツか
アダム・スミスの「道徳」を信じて
啓蒙と生殖のゆくえ
手段が目的化(自動化)したら!依存症を疑え!!)
3 生き残るメディア道―発信した意義

著者等紹介

前田益尚[マエダマスナオ]
臨床社会学者。近畿大学文芸学部教授。近畿大学大学院総合文化研究科教授。1964年生まれ、滋賀県大津市出身。滋賀県立膳所高校卒。法政大学社会学部卒。成城大学大学院文学研究科コミュニケーション学専攻博士後期課程単位取得退学。法政大学社会学部兼任講師、近畿大学文芸学部准教授を経て、現職。専門領域:時事問題を解決するためのメディア論、および臨床社会学。所属学会:日本社会学会、関西社会学会、関東社会学会、日本マス・コミュニケーション学会、日本社会心理学会、(財)情報通信学会、日本アルコール関連問題学会、関西アルコール関連問題学会(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。