問題としての「アメリカ」―比較文学・比較文化の視点から

個数:

問題としての「アメリカ」―比較文学・比較文化の視点から

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月23日 19時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 197p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784771033733
  • NDC分類 902
  • Cコード C3095

内容説明

対米感情に映る「アメリカ」言説の深層を追う。国も個人も時代も影響を受けずにはいられない存在、「アメリカ」。世界に展開した多様なイメージの底流を比較文学/文化の視点から究明する。

目次

第1部 日本文化における「アメリカ」(川端康成『伊豆の踊子』とThe Izu Dancer―アメリカ冷戦期文化政策と翻訳された自然;民主主義とエマソン―高木八尺におけるアメリカ言説のアイロニー;大衆社会の「美」に逆らうもの―三島由紀夫の批評的創造;村上春樹の『地獄の黙示録』受容とヴェトナム戦争―エッセイ『同時代としてのアメリカ』から小説「午後の最後の芝生」へ;ふたつの名前を持つ映画について―谷崎潤一郎「人面疽」論;「アメリカ」を書き直す―川端康成の1930年前後をめぐって)
第2部 アメリカ言説の諸相(親愛なるアメリカの不在―ロシア語亡命詩人ブロツキーの詩学・世界図;ポストコロニアルなアメリカ表象へ―韓国における“戦後”のアメリカ表象をめぐって;ゾンビ―アポカリプス的世界観から生み出される未来への希望;司馬遼太郎が見たアメリカ―比較文化心理学・文化心理学・異文化マネジメントの観点から;江藤淳の“反米”と「私」―『アメリカと私』再読;反米主義―「感情のうねり」をめぐる私考)