臨床言語心理学の可能性―公認心理師時代における心理学の基礎を再考する

個数:

臨床言語心理学の可能性―公認心理師時代における心理学の基礎を再考する

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年02月24日 21時46分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 163p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784771032491
  • NDC分類 801.04
  • Cコード C3011

内容説明

言語心理学とは何か。その問いをラディカルに捉え直し、言語に対する心理学的な独自のアプローチを「臨床」から新たに展開する。

目次

第1部 理論編―臨床言語心理学とは何か(「臨床言語心理学」という学範は可能か;ことばの獲得;ことばの作用―臨床言語心理学に対する行動分析学からの提案)
第2部 研究編―臨床言語心理学的な研究方法論とは何か(パーソン・センタード・アプローチに対する分析―計量テキスト分析によるロジャーズの面接記録の検討;家族療法に対する分析;精神分析的心理療法(Sullivan)に対する分析―Sullivan遺産を原点として、テクノロジーを活用する
臨床行動分析的心理療法に対する分析)

著者等紹介

武藤崇[ムトウタカシ]
筑波大学大学院心身障害学研究科心身障害学専攻修了、博士(心身障害学)。現在、同志社大学心理学部・教授、同志社大学実証に基づく心理・社会的トリートメント(WEST)研究センター・センター長、名古屋市立大学大学院医学研究科精神・認知・行動医学分野・客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。