理系の学生と学ぶ倫理

個数:

理系の学生と学ぶ倫理

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月23日 19時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 130p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784771030596
  • NDC分類 507
  • Cコード C0012

内容説明

製品事故や重大事故で問われる科学・技術者の倫理的責任。でも、「変な使い方をした消費者のほうはどうなの」「なんでも製造者の責任にされたらたまらないよ」と思う人もいますよね。では視野を転じましょう。たとえば、幼児に。私たちは社会を営むにあたりどのような倫理を実践すればよいのでしょうか。製品やシステムに問題が起きたとき、だれの立場に立って考えるのが最適でしょうか。倫理的な問題に直面したとき、使える思考のツールを増やしておきましょう。いちばんやさしい技術者倫理の本。

目次

第1章 倫理(倫理って何?;エアコン問題 ほか)
第2章 責任(その責任、こちらが負えと言うのですか?;誰かが楽しいと誰かが楽しくない問題 ほか)
第3章 信頼(嘘がつけるようになってよかたね;低信頼社会はつらいよ ほか)
第4章 倫理的意志決定(答えは一つとはかぎらない;金槌しか持っていないと ほか)

著者等紹介

上杉敬子[ウエスギケイコ]
2010年一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了、博士(社会学)。愛知工科大学工学部非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。