龍谷叢書<br> フランス認識論における非決定論の研究

個数:

龍谷叢書
フランス認識論における非決定論の研究

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月22日 09時10分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 293p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784771030541
  • NDC分類 135
  • Cコード C3010

内容説明

ブートルー、ポアンカレ、そしてデュルケーム。3人の哲学家を中心に、フランス第三共和政時代の非決定論の思想を見る。彼らは数学や物理学のみならず宗教や社会についても「自由の哲学」を創始しようとしていたのである。

目次

第1部 ブートルー(ブートルーの思想―自然法則の非決定性と数学的真理の偶然性;クールノーとルヌーヴィエ―ブートルーの先行者;ブートルーと九鬼周造の偶然論)
第2部 ポアンカレ(ポアンカレと数学的真理の厳密性の問題;ポアンカレとラッセル;ポアンカレ最後の思想―「カントール主義」への批判)
第3部 デュルケーム(『自殺論』における統計学的思考の論理;「集合的意識」を考える;社会という神―ブートルーからデュルケームへ)

著者等紹介

伊藤邦武[イトウクニタケ]
1949年横須賀市生れ。1978年京都大学大学院文学研究科哲学専攻修了。文学博士。京都大学名誉教授。龍谷大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。