東日本大震災 復旧・復興に向けて―神戸学院大学からの提言

個数:

東日本大震災 復旧・復興に向けて―神戸学院大学からの提言

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 249p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784771023383
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C3036

目次

1 災害ボランティアに関する大学等への提言(東日本大震災に対して大学が為すべきこと;ボランティアの意義と課題 ほか)
2 災害ボランティア活動の現場からの提言(学生にとっての被災地ボランティアを考える;つながりの再生に向けて―学生による被災地支援に期待するもの ほか)
3 災害復興に関する提言(防災教育の重要性;喪失からのこころの回復について ほか)
学生からの提言(学生の力を東北の明日につなぐ;東北ボランティアに参加して ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kaizen@名古屋de朝活読書会

1
新しい公共と大学ボランティア論はとても大事。  東日本大震災からまなばなければならないこと は、防災の理論的な支柱も提案してもらえるとうれしいかも。  一人でも多くの学生教職員に災害ボランティアへの参画を 頭が下がります。実体験にもとづいて、理論を役立てようとするのがよいですね。 原子力災害からの復興に向けては、これまでに原爆以外では経験のないことなので、絶対的な力を入れるとよい2013/02/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5362814

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。