現実をみつめる道徳哲学―安楽死からフェミニズムまで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 212,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784771014398
  • NDC分類 150
  • Cコード C3010

内容説明

本書は、抽象的説明に終始しがちな道徳哲学の諸学説を、安楽死・同性愛・中絶・動物の権利・死刑制度など現代社会のさまざまな現実と引き合わせることによって、他に類をみないほど鮮やかに描き出している。これらの豊富で適切な実例によって、倫理学上の問題とは、書物の中に閉じ込められた空虚な理論ではなく、我々の眼前で生起している生々しい出来事に他ならないということが実感されるであろう。

目次

道徳とはどういうことか
文化的相対主義の挑戦
倫理における主観主義
道徳は宗教に基づくか
心理学的利己主義
倫理的利己主義
功利主義者のアプローチ
功利主義をめぐる議論
絶対的道徳規則はあるのか
カントと人格の尊重
社会契約の思想
フェミニズムと気づかいの倫理
徳の倫理
満足のいく道徳説とはいかなるものか

著者等紹介

古牧徳生[フルマキトクオ]
1960年生まれ。1989年京都大学大学院文学研究科博士課程学修認定退学。現在、大阪芸術大学他非常勤講師。研究領域、中世哲学、特にエックハルトのラテン語著作

次田憲和[ツギタノリカズ]
1966年生まれ。1998年京都大学大学院文学研究科博士課程研究指導認定退学。2002年京都大学博士(文学)。現在、大阪芸術大学他非常勤講師。研究領域、西洋近現代哲学、特に現象学系の哲学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。