光人社NF文庫<br> 軍神の母、シドニーに還る―生き残り学徒兵の「取材ノート」から

個数:

光人社NF文庫
軍神の母、シドニーに還る―生き残り学徒兵の「取材ノート」から

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月28日 15時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 229p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769830788
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

内容説明

特殊潜航艇でシドニー湾を攻撃、戦死した松尾敬宇大尉の最期の地を訪ね、現地で大歓迎を受けた母の旅に同行取材した表題作はじめ、回天特攻隊員の母代わりとなった料亭の仲居さんの話、ひっそりと戦後を生きた東条英機夫人の生涯など、満州で対ソ戦とシベリア抑留を生き抜いたルポライターが綴る戦争秘話全九編。

目次

第1章 軍神、この母たち(軍神の母、シドニーに還る;かあちゃんと百三十八人の人間魚雷)
第2章 われ降伏を拒否す(慟哭の島・硫黄島へ再び;散るべき時は今なるぞ)
第3章 声なき雄叫び(抗戦に殉じた人びと;名将・今村均と自衛官たち;東条カツ夫人の生涯;国士・瀬島龍三に学ぶ)
終章 戦い未だ終わらず―“自分史”に代えて

著者等紹介

南雅也[ミナミマサヤ]
大正14年(1925年)5月30日、東京・赤坂生まれ。昭和19年(1944年)、学徒出陣、北支派遣軍から関東軍石頭予備士官学校(甲種幹部候補生13期)へ。対ソ戦参加後、シベリア抑留から昭和24年10月、復員。戦後、戦記誌・狩猟誌・防衛広報紙の記者・編集長10年余。この間、ルポライターとして軍事・戦史、社会問題に取り組み、小学館・文藝春秋・旺文社等に寄稿。また、文化放送で社会番組の録音構成レギュラーでもあった。のち富士急行広報室長も務める。平成7年(1995年)4月16日、歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。