光人社NF文庫<br> 海軍護衛艦(コンボイ)物語―海上護衛戦、対潜水艦戦のすべて

個数:

光人社NF文庫
海軍護衛艦(コンボイ)物語―海上護衛戦、対潜水艦戦のすべて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月20日 21時24分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 308p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769830542
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

内容説明

日本海軍最大の失敗は、海上輸送をおろそかにしたことである。第一次世界大戦以降、海上輸送のもつ意義は大きく、新たな脅威、潜水艦の出現で海軍は艦隊決戦に勝利すれば国防の任を全うできる時代ではなくなっていた。一次大戦で地中海での海上護衛戦に従事した日本海軍が、なぜ、その変化に気づかなかったのか。第一次世界大戦から太平洋戦争まで、海上護衛戦、対潜戦の全貌を分かりやすく解き明かす。

目次

第1章 海護戦、対潜戦を学ぶ“大正期・一次大戦”(戦いの様相は変わった;第一次大戦―“二特”編成さる ほか)
第2章 海上交通保護に目覚める“昭和戦前期”(爆雷の装備は巡洋艦から;「爆雷投射訓練」、戦技の仲間に ほか)
第3章 海護戦始まる“太平洋戦争1”(「内戦部隊」―整備とは防備とは;内戦用艦艇で船団護衛 ほか)
第4章 海護戦に苦戦す“太平洋戦争2”(待望の新・海防艦竣工;海防艦の幹部たち ほか)
第5章 海護戦に破れる“太平洋戦争3”(またまた敵潜による被害急激増;対潜学校高等科学生、ゼロ!! ほか)

著者等紹介

雨倉孝之[アメクラコウジ]
昭和3年11月3日、東京に生まれる。20年4月、高等勝船学校東京分校(機関科)に入校、あわせて海軍機関術予備練習生を命ぜられる。終戦により同年8月、退校、同時に予備練習生も被免。戦後、日本国有鉄道に勤務。59年、退職。東京理科大学理学部卒業の技術屋出身だが、海軍史・海事史の調査にたずさわり、とくに海軍制度史の研究に打ちこむ。著書の他、訳書もある。平成27年、歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。