光人社NF文庫<br> ニューギニア兵隊戦記―陸軍高射砲隊兵士の生還記 (新装版)

個数:

光人社NF文庫
ニューギニア兵隊戦記―陸軍高射砲隊兵士の生還記 (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月19日 23時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 240p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769830504
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

内容説明

飢餓、寒気、マラリア、赤痢、そして、連合軍の猛攻撃―東部ニューギニアの高峰サラワケットで無念の涙をのんだ日本軍兵士たちの凄惨な敗退の途を描く。絶え間なき熾烈な砲爆撃下、己れの使命を果たさんと果敢に戦いぬいた一砲兵が最悪の戦場から奇跡的に生還した自らの体験を礎に活写するノンフィクション。

目次

第1部(ラエの石;サラモア布陣;弾丸の死角 ほか)
第2部(頂上アタック;登頂の朝;泥濘の湿原 ほか)
第3部(キアリ到着;生と死の間;躊躇の沈黙 ほか)

著者等紹介

佐藤弘正[サトウヒロマサ]
大正10年2月12日、新潟県新発田市に生まれる。昭和13年3月、県立新発田中学を卒業。14年4月、生野市三菱金山技術員養成所修了後、15年4月、和歌山県新宮市円万寺鉱山測量課勤務。17年1月、東京都立川東部78部隊高射砲隊に入営。18年1月、ニューギニアのラエ、サラモアの防空戦を経て、サラワケットを越え、パラオへ撤退。19年1月、ラバウルに復帰し、対空戦に参加。終戦を迎え、捕虜となって苦役に服し、21年3月、横須賀に復員、帰郷。平成26年4月、歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。