光人社NF文庫<br> 現代史の目撃者―動乱を駆ける記者群像

個数:

光人社NF文庫
現代史の目撃者―動乱を駆ける記者群像

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月28日 13時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 436p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769830436
  • NDC分類 070.16
  • Cコード C0195

内容説明

血盟団事件、神兵隊事件、二・二六事件、血なまぐさい数多の戦前の事件につづき価値観が一変した戦後は、想像を絶するニュースが人心を翻弄し、混乱させる。頻発する大事件に果敢に挑んだ記者たち。その命懸けの真実追究の活動の一断面を克明に伝える昭和の記者外伝。戦前戦中戦後、その間の道は平坦ではなかった。

目次

第1章 五段跳びの人生―矢田喜美雄
第2章 反骨の名文記者―門田勲
第3章 ものの見方について―笠信太郎
第4章 入れ墨記者の奮闘―辻豊
第5章 独自の視点で問い直す
第6章 事件記者の群像
第7章 取材部門の内と外
第8章 危機を救った朝、毎の二人

著者等紹介

上原光晴[ウエハラミツハル]
1932年12月、東京・目黒区三田出身。中央大学文学部(仏文課程)卒。朝日新聞社入社。高知支局を振り出しに東京、大阪、西部(北九州市小倉北区)の三本社と各管内の取材部門に勤務。福島県いわき、神奈川県湘南(藤沢)両支局長を歴任。部長職。1992年12月、朝日新聞社を定年退社後、戦史を中心にノンフィクションで取材活動を続行、現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。