光人社NF文庫<br> 私記「くちなしの花」―ある女性の戦中・戦後史

個数:
  • ポイントキャンペーン

光人社NF文庫
私記「くちなしの花」―ある女性の戦中・戦後史

  • 提携先に43冊在庫がございます(2017年12月18日 03時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 302p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769830344
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

内容説明

「俺が死んだらくちなしの花を飾ってくれる奴が一人」と、いとしき人への思いを日記に記して散華した若き学徒兵宅嶋徳光との恋、そして別れ―死の病から奇蹟的に生還をとげ、悲しみをのりこえ、新しい愛を育んで幸せを引き寄せたある女性の悲喜交々、波瀾万丈の人生。思いのたけをこめて来し方を綴る感動の手記。

目次

第1章 徳光さんの最期
第2章 両親の思い出
第3章 東京での新生活
第4章 我が家の徳光さん
第5章 戦後の私
第6章 禎二との結婚
第7章 インドネシアでの生活
第8章 夫との短い老後
第9章 ふたたび矢本へ
第10章 遊び人のおばあちゃん

著者紹介

赤沢八重子[アカザワヤエコ]
大正14年5月、広島市に生まれる。陸軍歩兵大佐だった父の死後、東京に移り住む。戦後は夫の転勤で、インドネシアに数年在住。平成28年、歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)