光人社NF文庫<br> 海軍水上機隊―体験者が記す下駄ばき機の変遷と戦場の実像

個数:

光人社NF文庫
海軍水上機隊―体験者が記す下駄ばき機の変遷と戦場の実像

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 397p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769830290
  • NDC分類 397.8
  • Cコード C0195

内容説明

単機で洋上遥か最前線の敵情偵察任務に従事、さらには夜間単独偵察、海上護衛、対潜・対艦攻撃、特攻と、連合艦隊の目となり尖兵となり、縁の下で支えた水上機隊。水偵、観測機、水戦、瑞雲・紫雲、幻の晴嵐、飛行艇―世界に誇る日本海軍水上機を生んだ技術者と搭乗者たちが語る、“下駄ばき機”の発達変遷と奮闘記。

目次

サイパン沖「最上零水偵」苦難の索敵行
ガ島撤収 にっぽん水上機隊南へ飛ぶ
摩耶水偵機アリューシャン対潜記
巨鳥B24狩り“下駄ばき零戦”奮戦始末
十一航戦 ショートランド上空に敵影なし
零水偵と米魚雷艇 凄絶なる暗夜の決闘
艦載水偵“発進‐帰投”全航程マニュアル
カタパルト射出発艦と搭乗員心理
日本海軍水上機発達史
かくて零戦に浮舟が付けられた〔ほか〕