光人社NF文庫<br> 提督の責任 南雲忠一―最強空母部隊を率いた男の栄光と悲劇

個数:

光人社NF文庫
提督の責任 南雲忠一―最強空母部隊を率いた男の栄光と悲劇

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月26日 02時03分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 312p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769829935
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0195

内容説明

数多の逸材を輩出した「米沢海軍」の系譜を継ぎ、魚雷戦の権威としてその名を謳われた海の男。連合艦隊司令部や自らの幕僚たちの間に軋轢を抱えながら畑違いの空母機動部隊を指揮、太平洋戦争緒戦のハワイ・インド洋作戦で大戦果を挙げながらミッドウェー海戦で大敗を喫して一人その責めを負った寡黙な提督の悲劇。

目次

第1章 エトロフ島
第2章 トラトラトラ
第3章 アメリカの衝撃
第4章 ミッドウェー海戦
第5章 膨大な犠牲者
第6章 誰の責任か
第7章 南雲のその後

著者等紹介

星亮一[ホシリョウイチ]
1935年、仙台市生まれ。一関第一高校、東北大学文学部卒。福島民報社記者、福島中央テレビ報道制作局長を経て、現在、歴史作家。『奥羽越列藩同盟』で第19回福島民報出版文化賞、会津藩の研究でNHK東北ふるさと賞を受賞、『国境の島・対馬のいま』で平成27年日本国際情報学会功労賞受賞。この間、日本大学大学院で国際関係を学ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。