光人社NF文庫<br> 遥かなる宇佐海軍航空隊―併載・僕の町も戦場だった

個数:

光人社NF文庫
遥かなる宇佐海軍航空隊―併載・僕の町も戦場だった

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月21日 09時08分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 230p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769829867
  • NDC分類 397.8
  • Cコード C0195

内容説明

昭和20年4月21日、B29空襲。壊滅的打撃をうけた「宇佐空」と多くの肉親を失った人々…。

目次

記録小説―僕の町も戦場だった
エッセイ―遥かなる宇佐海軍航空隊(特攻基地と東京の人;落日の見える丘;単座複葉水上機;“お父さん、零戦なんか、いやしないじゃないか”;還らざる青春;昔むかしふるさとで;風化させていいのか;戦跡遺構文化財としての「宇佐海軍航空隊」;わが故郷・宇佐の記憶)

著者等紹介

今戸公徳[イマドキミノリ]
1925年、大分県宇佐市に生まれる。旧制中津中学を終え、明治大学予科へ。在学中、特甲幹を志願して陸軍輜重兵学校に入校。復員して同学商学部へ。1950年、毎日新聞東京本社に入社。広告部に在籍中、脚本家井出雅人氏に師事してシナリオ作家となる。「ダイヤル110番」(NTV)でデビュー。日活、NTV、TBSに多くの作品を発表。1963年、帰郷して家業の酒造業を継ぐ。2014年9月、歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。