光人社NF文庫<br> 伝説の潜水艦長―夫 板倉光馬の生涯

個数:

光人社NF文庫
伝説の潜水艦長―夫 板倉光馬の生涯

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年02月23日 07時48分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 216p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769829188
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0195

内容説明

みずからも特攻を志願すること二度、志叶わず、特攻隊員を養成し、選抜・出撃させるという、苦渋の役割を担った葛藤懊悩の日々―。いくたびか危機に直面しながらも、一度も艦を損じることなく死地を脱してきた歴戦の潜水艦長にして人間魚雷「回天」基地指揮官。糟糠の妻の赤裸々な回想。勇者の真実を綴る感動作。

目次

プロローグ
第1章 死
第2章 縁
第3章 志
第4章 闘
第5章 苦
第6章 絆
第7章 父
エピローグ

著者等紹介

板倉恭子[イタクラキョウコ]
大正6年(1917)7月24日朝鮮元山に生まれる。11年父の転勤により、大連市に移住。13年大連第三尋常高等小学校に入学。昭和5年同校卒業、福岡県立築上高等女学校入学、同9月関東州庁立大連神明高等女学校に転校。9年同校卒業。12年父逝去。13年11月15日海軍大尉板倉光馬と婚約。14年1月大連より郷里福岡県に母ともども帰国、同2月8日東京芝水交社で結婚、神奈川県三浦郡逗子町に移住。以後、呉市、徳山市に移り、19年7月徳山市にて戦災

片岡紀明[カタオカノリアキ]
昭和4年(1929)2月12日東京に生まれる。28年東京教育大学哲学科卒業。59年ニッポン放送退職後、人物伝中心の文筆業に。平成27年5月、歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。