光人社NF文庫<br> 非情の操縦席―生死のはざまに位置して

個数:

光人社NF文庫
非情の操縦席―生死のはざまに位置して

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月27日 20時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 305p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769829157
  • NDC分類 391.28
  • Cコード C0195

内容説明

陸海軍の戦闘機のパイロットは、敵機と切り結ぶのが役目で、つねに死傷と隣り合わせでいる。一瞬一瞬の判断と反応が生死を分け、機敏即応の操作が、相手を倒し味方を救う。彼らが任務を遂行する操縦席は妥協が許されないメカニズムで構成され、非情の空間と呼ぶに相応しい。

目次

秋水一閃―最も危険な戦闘機を飛ばすまで
零戦指揮官はストレート―信念のままに広大な戦域を飛んだ
滑空機へ至る道―脇役を追求し、派手さを望まず
新選組隊長の討ち死に―零戦と「紫電改」で見せた闘魂
ニューギニアを支えた男―偉丈夫は非力な「隼」で闘った
激突の果てに―ダバオ上空「月光」対B‐24
本土防空戦ダイジェスト―日本航空兵力、米軍機を迎え撃つ
若さの戦果―B‐29を確実に落とした「雷電」
切り裂くツバメ―戦隊長に続く「飛燕」の体当たり攻撃

著者等紹介

渡辺洋二[ワタナベヨウジ]
昭和25年(1950年)、名古屋に生まれる。立教大学文学部卒業後、航空雑誌の編集勤務。53年、第2次大戦の軍航空に関する執筆に専念。平成22年(2010年)、職業としての軍航空の著述を終了。以後、余暇を航空史研究にあてる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。