光人社NF文庫<br> 海軍操舵員よもやま物語

個数:

光人社NF文庫
海軍操舵員よもやま物語

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年02月19日 02時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 294p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769828686
  • NDC分類 397.21
  • Cコード C0195

内容説明

戦艦「大和」から小艦艇にいたるまで、かずかずの艦艇に乗り組み、死闘の海原に出撃した歴戦の下士官の艦隊ぐらし。そびえ立つ水柱の間隙を縫い、爆撃をかわし、魚雷を回避して決戦海面を縦横に疾駆した操舵員アラカルト。ハワイ、ミッドウェー海戦、マリアナ沖海戦、レイテ海戦で戦った「愛宕」「大和」操舵員の青春。

目次

日・米決戦への操舵
あこがれの連合艦隊
東京奇襲と毛ジラミ艦隊
超弩級艦の建造計画
米飛行艇捕虜八名収容
捕虜尋問と機長
主計長とクラーク大尉
大和魂とヤンキー魂
大艦巨砲主義の日本海軍
軍艦の排水量〔ほか〕

著者等紹介

小板橋孝策[コイタバシコウサク]
大正8年、群馬県生まれ。昭和13年7月、国鉄(現JR)勤務。15年1月、徴兵により横須賀海兵団入団。同年5月、重巡「摩耶」乗組。16年6月、操舵特技兵を終了、操舵員となる。駆逐艦「朝雲」、第17掃海隊をへて、18年9月、海軍航海学校高等科卒。重巡「愛宕」、戦艦「大和」、明石丸、第11根拠地隊司令部付。その間、ハワイ、ミッドウェー海戦、マリアナ沖海戦、レイテ海戦、明号作戦(仏印)に転戦する。レイテ海戦にて戦艦「大和」艦橋が重傷を負う。20年5月、海軍上等兵曹。終戦後、サイゴン(現ホーチミン)港で小型船艇の艦長。21年5月、復員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。