光人社NF文庫<br> 第四航空軍の最後―司令部付主計兵のルソン戦記

個数:

光人社NF文庫
第四航空軍の最後―司令部付主計兵のルソン戦記

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年02月26日 10時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 261p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769828679
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

内容説明

昭和十八年八月、ラバウルで編成された四航軍は、ニューギニア、フィリピンと撤退をつづけ、特攻隊員を送り出した軍司令官の台湾脱出の後、昭和二十年二月、解体される―中支那主計下士官候補者隊での教育を経てマニラに赴いた司令部付主計兵が見た四航軍始末記。空に海に陸に散った下級兵士たちの無念を綴る。

目次

プロローグ マニラ初空襲
第1章 新戦場への出征
第2章 バシー海峡の航跡
第3章 第四航空軍司令部
第4章 二人の将軍の真実
第5章 バレテ峠の死闘
第6章 去る者と残される者
第7章 マニラ湾の落陽
エピローグ 生と死の分岐点