光人社NF文庫<br> 先任士官物語―ある護衛艦砲雷長の戦い

個数:

光人社NF文庫
先任士官物語―ある護衛艦砲雷長の戦い

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月22日 22時58分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 249p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769828518
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0195

内容説明

海上自衛官として最も油の乗りきった、自分たちが海上自衛隊をしょって立っているとさえ自負する。生意気でもあり、頼もしくもある若き幹部たち。一等海尉に昇任して四年、部下の掌握に苦闘し、“先任士官”としての責務を果たしながら日々、研鑽を積む一自衛官とその生活を描いた感動作。帽ふれシリーズ第二作。

目次

北の守り
司令護衛艦
練習艦隊編入
ミッドウェイへ
射撃、発射
海軍の街サンディエゴ
戦闘訓練
パナマ運河を通って
カリブ海の朝焼け
手紙
日系人の国ブラジル
南米のスイス―ウルグアイ
左にふるな
南米のパリ―ブエノスアイレス
曳き船、曳かれ船
SOS
カンビオ大会
南太平洋の落日
故国の緑
吹雪
試験
春の群訓練

著者等紹介

渡邉直[ワタナベチョク]
昭和14年東京生まれ。開成高校から防衛大学校へ進む。昭和37年卒業任官後、艦隊勤務を主体に、駆潜艇艇長、海上幕僚監部、護衛艦艦長、幹部学校教官、統合幕僚会議事務局、護衛隊群首席幕僚、護衛隊司令、総監部防衛部長、幹部学校研究部長等を歴任。平成6年海将補で退官。以後、日本無線(株)、(株)タイユウ・サービス等で勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。