光人社NF文庫<br> 零戦の遺産―設計主務者が綴る名機の素顔 (新装版)

個数:

光人社NF文庫
零戦の遺産―設計主務者が綴る名機の素顔 (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月19日 07時07分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 220p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784769820864
  • NDC分類 538.7
  • Cコード C0195

内容説明

航空自立に自らの才能と情熱を燃やし、性能向上にすべてを賭けた若き設計技師堀越二郎―不世出の名機・零式艦上戦闘機を生み出し、世界最高水準に到ったエンジニアが、その工夫と努力の道程と知られざる大戦中の変遷を描く感動作。数多くの証言と海外の文献をも網羅して日本の宿命の戦闘機の真実をとらえる。

目次

第1章 航空自立の決断(入社五年の設計主任;日本人ばなれの思考 ほか)
第2章 日本の宿命の戦闘機(ここに経営者あり;私の性分 ほか)
第3章 壮烈な生涯(優位の条件;太平洋戦争の主役 ほか)
第4章 零戦の素顔(設計者がみた弱点;十二試艦戦までの道程 ほか)
第5章 戦火は彼方に(超音速機の時代に蘇る;零戦の恩恵 ほか)

著者等紹介

堀越二郎[ホリコシジロウ]
明治36年、群馬県に生まれる。東大航空学科卒業後、三菱重工名古屋航空機製作所に勤務。九試単戦、九六艦戦、雷電、烈風などの海軍戦闘機の設計主任も務めた。戦後、三菱重工参与・技術部次長兼名古屋航空機製作所技師長、東大講師、防衛大教授、日本航空工業会顧問などを歴任。戦後初の国産旅客機YS11の設計に参加した。工学博士。昭和57年1月歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。