誰も言わなかった海軍の失敗

個数:

誰も言わなかった海軍の失敗

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 229p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784769813903
  • NDC分類 397.21
  • Cコード C0095

内容説明

日中戦争の和平を壊したのは米内光政。陸軍をだまして太平洋戦線へ引きずり込み、多大な犠牲を強いたのは海軍!戦史の定説に挑む。

目次

第1部 太平洋戦争への道(昨日の友は今日の敵;日本海軍の迷走;国家の運命か部内の事情か)
第2部 検証 日本海軍の作戦(日本海軍に戦略なし;賭博師、大バクチに敗れる;勝敗の分岐点は情報軽視にあった;海軍にだまされた;指揮官の無能無策;完敗マリアナ沖の七面鳥撃ち;海軍の背信が日本の運命を決した;支離滅裂の大海戦;軍事的合理性を否定した悲劇;千載一遇のチャンスを失う)
第3部 日米海軍の比較(意思決定法の優劣;年功序列か能力主義か;戦略や戦術がどうだったのか;装備の性能はどちらが優れていたか)
第4部 ムダの標本 陸海軍の競合(おなじ国の軍隊でもお互いに関係ない;艦隊決戦あるのみで輸送船の保護など論外;陸軍が空母を持っていた;まったく没交渉の航空部隊;名称からして違うレーダー;しべてが違う機関銃の口径)