徹底解析 半導体製造装置産業

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 201p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784769312765
  • NDC分類 549.8
  • Cコード C3055

内容説明

半導体製造装置産業は、日本産業を支える存在であり続けられるか。成長が鈍化するであろう市場を見越した各社の取組みとは?微細化の壁をどう乗り越えるのか?各プロセスにおける装置市場の中期的展望は?経営者たちは、どのような経営判断を下しているのか?人気アナリストがこれらの疑問に答えるべく、各装置のしくみから市場、技術動向をわかりやすく解説。

目次

第1章 半導体とその製造装置(半導体と製造プロセス;半導体製造装置市場の歴史;半導体製造装置市場の展望 ほか)
第2章 前工程の製造装置(露光装置;コータ&デベロッパ;エッチング装置 ほか)
第3章 後工程の製造装置(テスタ;ウェーハプローバ;プローブカード ほか)

著者等紹介

和田木哲哉[ワダキテツヤ]
野村證券(株)金融経済研究所企業調査部シニアアナリスト。1991年早稲田大学教育学部卒業。同年より東京エレクトロン(株)に勤務。2000年野村證券(株)金融研究所(現、金融経済研究所)に入社。以来、半導体製造装置業界、精密業界、太陽電池業界を担当。リサーチレポート発行、寄稿、講演など多数。日経金融新聞(2008年より日経ヴェリタス)人気アナリストランキング精密機械セクターで2004~2008年まで5年連続2位

横山貴子[ヨコヤマタカコ]
野村證券(株)金融経済研究所企業調査部リサーチ・アソシエイト。1999年獨協大学法学部卒業。岡三証券(株)勤務を経て2002年野村證券(株)金融研究所(現、金融経済研究所)に入社。以来、半導体製造装置業界を中心に、精密業界、太陽電池業界のリサーチ業務をサポートしている

奥村勝弥[オクムラカツヤ]
(株)オクテック取締役。工学博士。1967年大阪大学基礎工学部卒業。同年より(株)東芝に勤務。1996年プロセス技術研究所・所長、2000年プロセス技術推進センター・センター長に就任。2001年東京大学先端科学技術研究センター寄付研究部門実装工学・客員教授。世界一と評される東芝プロセスエンジニア軍団の黄金期を築いた。製造装置メーカーの育成・指導にも積極的で、東京エレクトロン、大日本スクリーン製造、荏原製作所などの業績を支える多くの製品が、氏の指導によって生まれた。現在も、精力的に業界活動、技術開発、製造装置メーカーへの提言・指導に活躍。半導体製造技術では業界最高の権威(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

オザマチ

6
内容が少し古いが、製造装置の分類や業界の歴史について分かりやすくまとめられている。2014/03/15

あきくらげ

3
半導体製造に用いる装置やその製造をする企業の取り組みが分かりやすくまとめられてる。が、門外漢が読むには少し難しくついつい眠くなってしまった。2014/07/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/155092

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。