フェミニズム的転回叢書<br> 大英帝国の女教師―イギリス女子教育と植民地

個数:

フェミニズム的転回叢書
大英帝国の女教師―イギリス女子教育と植民地

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月23日 12時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784768479223
  • NDC分類 372.33
  • Cコード C0030

内容説明

大英帝国の女性たちは、19世紀後半、フェミニズムを追い風に中・高等教育を獲得し教師となって、男子進学校と同等レベルの、女性による女子教育という領域を切り開いた。さらに植民地拡張の時流に乗って、単身オーストラリアやアフリカなどへ渡っていく。2つの大戦期までの女教師たちの姿を追いながら、彼女たちが女子教育にかけた夢、その光と影を浮き彫りにする。

目次

第1部 女教師の誕生―女性に教育を(女教師を生んだフェミニズムの時代;女子中等学校の設立と女教師の誕生)
第2部 女教師という仕事―社会的地位向上をめざして(女子中等学校発展の頂点―フェミニズムを追い風に;女教師の苦闘―「フェミニズムたたき」のなかで)
第3部 海を渡った女教師―その展開と限界(女教師と「帝国」との親和性;女教師たちの挫折と新たな野望)

著者等紹介

堀内真由美[ホリウチマユミ]
1963年生まれ。近畿大学ほか非常勤講師。大阪女子大学修士課程修了後、公立中学校教諭を経てロンドン大学教育研究所修士課程、大阪大学博士前期・後期課程修了。博士(文学)。イギリス近現代女性史、ジェンダー論専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。