ナショナリズムを越えて―旧ユーゴスラビア紛争下におけるフェミニストNGOの経験から

個数:

ナショナリズムを越えて―旧ユーゴスラビア紛争下におけるフェミニストNGOの経験から

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月23日 14時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784768479087
  • NDC分類 316.839
  • Cコード C0030

内容説明

旧ユーゴスラビア紛争下で、民族や宗教の違いを越えて女性の戦争被害者を支援したフェミニストNGOがあった。民族紛争といわれたものの実態は、民族の名のもとに暴力化していったナショナリズムではなかったのか。現地にいく度も足を運び、被害者救済や平和な社会をつくるために活動する人々と交流を続けている著者が、いかなるナショナリズムにも与しないフェミニストNGOの活動から、ナショナリズム克服の可能性を探る。

目次

第1章 現代のナショナリズム(ネイションとナショナリズム;国民国家とナショナリズム ほか)
第2章 旧ユーゴスラビアの解体とナショナリズム(旧ユーゴスラビアとはどんな国だったのか;システムの崩壊 ほか)
第3章 旧ユーゴスラビア紛争の中のジェンダー(「民族浄化」とは;家父長主義とジェンダー役割の再分割 ほか)
第4章 旧ユーゴスラビア紛争とフェミニストたちの活動(フェミニスト・ネットワークの発展;セルビア―女性自立センターとWIB(ウィメン・イン・ブラック) ほか)
終章 ナショナリズムを越えて(旧ユーゴスラビア紛争の市民的教訓;ナショナリズムを「越える」とは何か ほか)

著者等紹介

江口昌樹[エグチマサキ]
1957年新潟県生まれ。慶応義塾大学法学部政治学科卒。労働組合勤務を経て新潟大学現代社会文化研究科(博士課程)修了・学術博士。現在、(社)新潟県地域総合研究所主任研究員、旧ユーゴスラビア平和・人権にいがたネットワーク事務局を務める
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。