イタリア・パルティザン群像―ナチスと戦った抵抗者たち

個数:
  • ポイントキャンペーン

イタリア・パルティザン群像―ナチスと戦った抵抗者たち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月31日 10時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784768468937
  • NDC分類 237.06
  • Cコード C0030

内容説明

ナチスを倒すためのもう一つの戦い。

目次

女性パルティザン―オレーマ・リーギの証言
反ファシズム運動と「流刑」
「ナーポリの四日間」―糞くらえ!ナチス
「グスタヴ線」のモンテカッシーノ
『無防備都市・ローマ』―パルティザンの襲撃とナチスの復讐
戦後五〇年続く大論争―襲撃は“挑発?”
マルツァボットの大虐殺
カルピの強制収容所―プリーモ・レーヴィの『これが人間か』
レジスタンスの誕生―もう戦争はうんざりだ!
パルティザンのユートピア―「モンテフィオリーノ共和国」
ガッターティコの“赤い耕地”―チェルヴィ爺さんと「七人の息子たち」
ルッカのポーランド・ユダヤ人―地獄から帰ってきた女性
「ゴシック線」と日系二世―“撃ちてし止まん!”
バッサーノ・デル・グラッパ―“臨終の並木”
悲劇のトリエステ―イタリアで唯一の“絶滅収容所”
レジスタンスの女たち―三万五千人が参加
トリーノ、ミラーノ―労働者たちの総蜂起
レジスタンスと聖職者たち
今も続くレジスタンス研究

著者等紹介

岡田全弘[オカダゼンコウ]
愛知県蒲郡市生まれ(1939年)。日本大学理工学部土木工学科卒業。名古屋港管理組合に勤務、職員労働組合書記長を経てイタリアのモーデナ県カルピ市で二年間遊学。自治労連臨時中央執行委員、東海北陸ブロック事務局長、愛知県本部副委員長を歴任。現在、漁師
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。