町工場巡礼の旅

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784768468357
  • NDC分類 509.21
  • Cコード C0030

内容説明

“粋な旋盤工”小関智弘の現役最後のルポルタージュ。自分の目の高さで、“現場”を見続けて51年、この10年間の町工場の知恵と哲学が収録されている。

目次

町工場巡礼の旅(中国の町工場で;発想豊かなものづくり ほか)
大田区界隈・町工場・旋盤工(町工場―絆が支える“一品料理”;旋盤工 ほか)
日本人の技(職人の工夫と誇り;人びとの心を沸かすからくり人形 ほか)
旋盤工・作家の周辺(ペンだこのない書き手;なぜか“美”の字 ほか)

著者等紹介

小関智弘[コセキトモヒロ]
1933年東京生まれ。高卒後町工場の旋盤工として、2002年まで五十一年間働くかたわら、作品を発表。『大森界隈職人往来』(岩波現代文庫)で第8回日本ノンフィクション賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

風見じじい

1
2002年出版の本です。旋盤工をしながら、町工場の本を書いていた人です。昔、小関さんの講演を聞きに行ったことがあるのですが、町工場によくいる偏屈さはなく、温かい人柄とお見受けしました。この本もその時の印象そのままと思いました。中小企業の良い所、悪い所がありますが、人間的な暖かさを感じさせます。 私としては、悪い所も指摘してほしかったようにも思います。2014/03/31

ヒコ。

0
「巡礼の旅」というタイトルから、レポートものを期待したのでけど、本書は旋盤工で文筆家の著者によるエッセイ。写真も工場の仕組みではなく雰囲気を伝えるだけのものだし。ちと期待はずれ2015/07/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/463277

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。