テロリスト・ワールド

個数:
  • ポイントキャンペーン

テロリスト・ワールド

  • 真鍋 厚【著】
  • 価格 ¥2,530(本体¥2,300)
  • 現代書館(2016/02発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 46pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 342p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784768457825
  • NDC分類 316.4
  • Cコード C0036

内容説明

なぜ、それは“テロ”と呼ばれるのか?ガンディーもマンデラもかつては“テロリスト”と呼ばれた。「テロ」という言葉はわれわれをどこへ導くのか?多様化し混迷する正義の行方を、評論・映画・小説・マンガを網羅しながら読み解く“暴力のリテラシー論”。

目次

プロローグ ガンディーもゲバラもマンデラも皆テロリストだった
第1章 テロリストとは誰か
第2章 国家テロvs.自由の戦士
第3章 正しいテロリストは存在するか
第4章 「対テロ戦争」というテロ
第5章 誰がテロを支援しているのか
第6章 テロリズムから日本を読み解く
第7章 自爆攻撃とカミカゼの狭間で
第8章 メディアとテロが手を結ぶとき
終章 「死にがい」としてのテロリズム
“彼ら”ではなく“われわれ”の問題だ―エピローグに代えて

著者等紹介

真鍋厚[マナベアツシ]
1979年、奈良県生まれ。大阪芸術大学大学院芸術制作研究科修士課程修了。評論家、著述家。出版社に勤務する傍ら評論活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

_Stroszek

5
2016年第1刷。「『テロ』の正当化や安易な国家批判ではなく、『テロ』をめぐる従来の言説や受け取り方に再考を迫る」(17)書。テロリストとは「蔑称」(21)であり、「自称ではなく他称」であるという明快な定義付けから、この単語にまつわる修辞・表象・歴史を考証。「単純な二分法は現実を無視した発想」(106)とし、「だから正解などは存在しない」とする著者は真摯なリアリストだ。日本社会における「応報の絶対性」(107-10)や、「国民のショック状態を利用して不利な政策決定が行われる」(238)仕組みの分析が鋭い。2016/02/17

K.C.

0
人はさまざまな帰属意識を持っていて、その1つ1つの振れ幅がアナログのメーターのように大きかった時代から、帰属意識を持つ数が減っていき、しかも振れ幅がメーターではなく、信号のように二極分化。その産物として一つの母集団の中から、少ないが一定数の「テロリスト」と呼ばれる人が生まれてくる。テロリストという言葉だって、主観が込められたもので、本人は決してそう思っていない。単一の帰属意識の一方に、過程はどうあれ純化していった結果に過ぎない。美化するつもりはないが、寛容さがなくなった時代になっているということだろう。2016/06/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10632040

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。