「僕のお父さんは東電の社員です」―小中学生たちの白熱議論!3・11と働くことの意味

個数:

「僕のお父さんは東電の社員です」―小中学生たちの白熱議論!3・11と働くことの意味

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年08月22日 13時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784768456712
  • NDC分類 K543
  • Cコード C0036

目次

ゆうだい君の手紙 僕のお父さんは東電の社員です
東電は人々のことを考えているか(北村龍行)
ゆうだい君への手紙(小学生からの手紙;中学生からの手紙;高校生・大学生からの手紙;おとなからの手紙)
僕たちのあやまちを知ったあなたたちへのお願い(森達也)
出版に際して(毎日小学生新聞編集長・森忠彦)

著者等紹介

森達也[モリタツヤ]
広島県呉市生まれ。映画監督、作家。ドキュメンタリー映画「A」で国内外で高い評価を受け、続編「A2」で山形国際ドキュメンタリー映画祭特別賞・市民賞受賞。2011年に『A3』(集英社インターナショナル)で第三三回講談社ノンフィクション賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

福島第一原発事故直後、一人の小学生の新聞投稿が波紋を投げかけた。「僕のお父さんは東電の社員です。悪いのは東電だけ? 原発は誰がなぜ必要としたの? 懸命に働いてなぜ皆が不幸になるの?」全国の小中学生の真剣議論を収録。


【目次】

◆ 〈ゆうだい君の手紙〉僕のお父さんは東電の社員です

◆ 東電は人々のことを考えているか
……北村龍行(経済ジャーナリスト 元毎日新聞記者・論説委員)

◆ ゆうだい君への手紙
  小学生からの手紙/中学生からの手紙/
 高校生・大学生からの手紙/おとなからの手紙

◆ 森達也「僕たちのあやまちを知ったあなたたちへのお願い」

・電気って何だろう
・電気と原子力
・原発が増えたわけ
・一緒に考えよう
・じつは大人もわかっていない
・「会社」って何だろう?
・組織で生きること
・「便利」という落とし穴
・「空気を読む」ことの危険性
・ゆうだい君が問いかけたこと
・何のために働くのか

◆ 出版に際して……森忠彦(毎日小学生新聞編集長)