ビバ!インクルージョン―私が療育・特別支援教育の伝道師にならなかったワケ

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

ビバ!インクルージョン―私が療育・特別支援教育の伝道師にならなかったワケ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月05日 16時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784768435489
  • NDC分類 378
  • Cコード C0036

出版社内容情報

生まれつき水頭症の姉弟。子供は子供たちの中でこそ育ち、人と人が交わることで生まれる可能性を丁寧に紡ぐ痛快子育てエッセイ。

柴田靖子[シバタヤスコ]
"昭和39(1964)年生まれ。水頭症の障害をもつ二児の母。長女の誕生・治療をきっかけに連れ合いが設立した日本水頭症協会で刊行物の編集を担当。障害のある子のいる学級の校外学習のためバリアフリー実踏調査を行う「われら実踏調査団ポルトドス」(休止中)世話人。

"

内容説明

そっくり同じ障害のある姉弟・ハルとトッキー。“障害児専用コース”とご近所と同じ“普通コース”に分かれた二人と暮らして見た世界とは?!痛快子育てエッセイ!

目次

はじめに―「彼ら」と「私たち」
第1章 子育てと介助・介護を仕分けする―母親元年
第2章 二十年後の自分に会う―母であるより友人として
第3章 バリエーションはすべてを可能にする―保障すべきもの
第4章 絶望のさなかの希望―「死んでいい人」のかごに入れられて
あとがき―猿が、木から、落ちた

著者等紹介

柴田靖子[シバタヤスコ]
昭和39(1964)年生まれ。娘の誕生・治療をきっかけに連れ合いが設立した日本水頭症協会で刊行物『ぱどる文庫』の編集を担当。障害のある子のいる学級の校外学習のためバリアフリー実踏調査を行う「われら実踏調査団ポルトドス」(休止中)世話人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

のみちゃん

2
以前からの「障害者隔離施設は要らない。異常なコミュニティは解体すべきだ」という思いを、より強くすることができた。現在は休止中ということだが、ポルトドスの活動をバリアフリーやユニバーサルデザインを考える有志と共に行うことによって、人も社会も成長できるに違いない。活動が広くなれば、一般の目に触れる身近な活動となるだろう。作業のための作業所を解体して欲しい。隔離されてしまっている当事者にしかできない活躍はあるのだ。ただ、全面的に著者に協同できるかというと違う。後世に優性であって欲しいという思いは変わらない。2016/06/30

ちい

1
「インクルージョン」という言葉を知ったのは、聴覚障害者を支援する勉強を始めた頃だったか。それ以来、幾度かこの言葉を耳にするけれど、分かったことは、社会は簡単には変わらないのだということ。当事者が声を上げ続けないと、変わらないものなのかしら。まずは、知る事が大事で、知るためには隔離してちゃダメだよね。2017/03/12

くろすけ

0
療育に関わる職種、特別支援学校・学級の教員が読んだら、あるいは療育が必要だと思っている親、特別支援学校・学級に子供を入れることを選んだ親が読むと胸が騒つく本です。 ただ、著者の最も主張したいことは、命にはバリエーションがあり一人一人が完璧で自由な存在だということ。誰にも強制されず、自分の選んだ人生を歩める権利を持ち、それが当たり前の社会であることを望むということだと理解しました。 共感できます。2017/11/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11060096

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。