おまえらばかか―ほうり出されたおれたち おれたちの生きざし (新版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

おまえらばかか―ほうり出されたおれたち おれたちの生きざし (新版)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 337p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784768434512
  • NDC分類 369.49
  • Cコード C0030

内容説明

行政福祉列車の停車しているプラットホームは騒然としていた。福祉列車に乗ろうとしている人々…、それを阻止しようとしている人たち…。それから20数年過ぎたいま、そのプラットホームに立っているのは“はちのす”だけである。いつの間にか福祉列車の動きだすのを阻止しようとしていた人たちまでが、その福祉列車に乗って遠くの方へ消えていってしまった。(1992年はちのすニュース)それから10数年経ち、今また「社会福祉改革」が叫ばれています。障害とは何か、社会福祉制度とは何か、40年間一切の行政的援助を受けず、障害のある人たちの暮らしと働くことを「下宿屋」のおじさんとして支え続けた著者の思いは…。

目次

おまえらばかか(彼らとの出会い;待ちかまえていた問題;育っていく寮生たち;“はちのす寮”の転換期;十年の日々をふり返って)
ほうり出されたおれたち(“はちのす寮”の問題;与太郎の時事放談;声のない座談会)
おれたちの生きざし(生活体験から福祉の原点を見る;社会生活十八年の培い)
覆育の青春