能力主義と教育基本法「改正」―非才、無才、そして障害者の立場から考える

個数:
  • ポイントキャンペーン

能力主義と教育基本法「改正」―非才、無才、そして障害者の立場から考える

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784768434420
  • NDC分類 378
  • Cコード C0030

内容説明

能力で分け、管理と競争の激化で荒廃を深めるより、今こそ共に学び育ち合う共生社会を目指す。

目次

1 心と体が国に奪われる
2 能力主義を支えてきた特殊教育
3 加速する能力主義と進む管理
4 新しい能力主義を支える特別支援教育
5 教育基本法にみる能力主義―能力によって分離する「機会均等」
6 体験としての教育基本法

著者等紹介

北村小夜[キタムラサヨ]
1925年、福岡県生まれ。1950年から86年まで都内の小・中学校で教員(うち65年から86年までは特殊学級担任)。障害児を普通学校へ・全国連絡会世話人
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。