哀れみはいらない―全米障害者運動の軌跡

個数:

哀れみはいらない―全米障害者運動の軌跡

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 486p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784768434185
  • NDC分類 369.27
  • Cコード C0030

内容説明

障害者運動はアメリカをどう変えているか。障害の文化・歴史、社会政策、個人ヒストリー、障害のない人々の障害観からADAに至る地殻変動を重層的に追う。

目次

第1章 ちっぽけなティム、超がんばりやのかたわ、そして哀れみが終わるとき
第2章 慈善から自立生活へ
第3章 別の文化を祝福するろう者
第4章 障害者の公民権確立に尽くした「隠れ軍隊」
第5章 統合:影の世界からの脱出
第6章 ピープル・ファースト
第7章 超明るい色の車椅子
第8章 ナーシングホームからの自立
第9章 それほど価値のない人生
第10章 幸・不幸の分水嶺
終章 障害者運動はアメリカをどう変えているか

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカヅキカゲリ

1
アメリカは差別も徹底したものである分、闘いも徹底しているので、面白かった。わたしは大学のときにセクシャルマイノリティーサークルに入っていたのだけど、態度をはっきりさせないと云って、責められていた。わたしはマイノリティーの中でもマイノリティーだった。だから、障害者(発達障害とか身体障害とか)と云うのはアイデンティティを帰属させられる集団だ(奇妙に聞こえるだろうけど)。2012/03/12

たかたか

0
日本はアメリカを遅れて追いかけてるのでは?どこに問題意識を置き、健常者とその問題を共有し、交渉していくことが大事。健常者と問題共有をする時に必要なのが勇気なのである。健常者と対等に向き合い、進んでアドボケイトしていく、それを健常者も対等に向き合い聴く。明日自分がなんらかの障害(もちろん障害者も)になる可能性があるということを念頭に置いて過ごせば、距離は縮まるのではないか?また、統合の是非についても興味深い。また日本のメディアが作っているイメージも昔のアメリカにそっくりだ。障害者も障害者にかかわる人も必読。2014/04/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/106309

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。